日記

本日掲載の書評。

本日、読売新聞朝刊に藤原一枝著『さらわれた赤ちゃんー児童虐待冤罪被害者たちが 再び我が子を抱けるまで』(幻冬舎)の書評が掲載されました。

つづきを読む

いろいろ。

心地よいマスクに出会いました。

内側も今治タオル。

つづきを読む

おとなのおよばれ。

今週末、久し振りに弾く『椿姫』を暗譜していて、昨日「いづ重」さん、節分の巻き寿司を買いそびれてしまったツウザキです。

ああ、昨年は、取材して産経新聞のコラムに書いたのでした。

https://www.sankei.com/west/news/180202/wst1802020027-n1.html

絶対食べなければ、ということでもないのですが、毎年同じ事ができるというのは有り難いわけで、そういう点ではちょっと残念です。

さて、いづ重の節分の巻き寿司は、祇園石段下、というお店の場所柄、舞妓ちゃんでも食べやすい細めのタイプ。

で、舞妓ちゃん、といえば。

先日、10年以上ぶり!で、祇園甲部のお茶屋さんにいきました。

愛らしい、廣島屋さんの小純ちゃん。

つづきを読む

温かいもの。

美味しいおかゆの話が出てくる小説、小川糸『ライオンのおやつ』(ポプラ社)を読んでいると(←これ、号泣します….)おかゆが食べたくなりました。

土鍋で炊いてみました。

おかず?!は「いただきもの3種」でした。

昨夜は「高倉」のかぶら蒸し。

つづきを読む

昨日、一昨日。

火曜日は、早起きして用事を済ませ、初弘法へ。

ちょっとめずらしい「花生け」をゲットしました!おそらく、戦前のもの、かな。

つづきを読む

試演会2020

このところは、試演会に向けて怒濤のレッスンでした。

昨日、無事に終わりました!

皆さん、素晴らしい演奏を聴かせてくださいました!

以下、各賞の結果です。

聴衆賞

第1位 松田実夏 モーツァルト ディベルティメント ニ長調

小学生の時からうちに来ていたみかちゃんが、就職して自分のお給料からレッスン代を支払ってくれているというだけで、感動もの、ですが、第1位は、マリンバの実力です!

第2位 毛谷村裕子 ベートーヴェン スプリング・ソナタ 第一楽章

長崎から通っておられる保育園の園長さん。素晴らしい演奏でした!

第3位 小林修治 イエッセル/朝吹英一編 おもちゃの兵隊の行進

小学校2年生。右手を怪我して年末まで左手だけで、頑張って練習しました。素晴らしい音色と評判、堂々の第3位。

第4位 小西万紀子(ピアノ) ピアソラ/野田雅巳編 オブリビオン

私の伴奏としてのエントリー。松園洋二さんにピアノのレッスンを受けられるようになり、和音が見事に響くようになりました。

第5位 井川幸子 レハール/朝吹英一編 メリー・ウィドウ・ワルツ

トップバッターで、華やかな演奏振りは見事なものでした。

以上「あれ、プロの打楽器奏者が入ってないやん!」という「ツウザキ門下あるある」な結果となりました。

写真は、代表して、修ちゃんね。

つづきを読む

忙しい?

先日、東京都現代美術館で「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」展を観てきました。

https://mina-tsuzuku.jp

つづきを読む

さあ、仕事。

お重を洗って、おめでたい風呂敷に包んで片付けて!

つづきを読む

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

気持ちの良いお天気で新しい年が始まりました。

みなさんにとって、よき一年となりますように!

私は、今年も例年通りのおせち料理を作りました。

例年通りが、有り難いです。

つづきを読む

よいお年を!

いつも通りのおせち料理も完成。

ちらっ。

つづきを読む

ニュースレター登録

今、蘇る!木琴デイズ vol.13
「アマリリスのある風景」京都文化会館
5/27日(水) 昼14:00開演 / 夜19:00開演
前売3,500円 当日4,000円 全席自由
チケット発売中!

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」
講談社より発売中!