日記

SP盤面撮影大会。

昨日は、新型コロナ感染拡大にまつわる自粛要請がなければ「今、甦る!木琴デイズvol.13」本番の日でした。

私の仕事が何かとキャンセルになっているということは、楽器運搬の西本くんらの仕事もキャンセルになっています。

で、仕事を作りました(笑)

うちのSP盤コレクション、アーカイブ化に向けての盤面撮影です。

つづきを読む

SPレコード

とっても素敵なレコードの袋!

つづきを読む

誕生日でした。

昨日の誕生日で53歳になりました。

この一年、食べること以外もがんばろう!

そんな決意を込めて、フィレかつを食べました。

と、冗談はさておき。

つづきを読む

文化博物館、席数検証 その2

昨日、前後左右2メートルの距離をとると、席数は40席程度。常識的な距離を保って並べると80席程度。これが妥当なところかと落ち着きましたが、その後、新展開。

京都文化博物館別館ホールは、「消防法」上、ホールではなく展示室として登録されています。どこがちがうか。それは「非常灯」の設置が義務づけられていない!

その関係で、距離を保って椅子を設置することができません!椅子を連結せねばならない!!

が〜ん。

しかし、規則に則り、この様に連結して設置し席を2つづつあけて座ればいいわけです!

つづきを読む

木琴デイズ番外編

本日は、休館中の京都文化博物館別館ホールで今後の演奏会を見据えて、客席数の検証をしてまいりました。担当の高桑さん、ありがとうございます!

実際に、2メートルの間隔をあけて椅子を並べると、

こんなことになります。

演奏会じゃなくて、試験かオーディションみたいですね(笑)

つづきを読む

美味しそう!

本日、読売新聞書評面では、とっても美味しそうな本を紹介しました!

つづきを読む

レトロかるた

産経新聞の連載も、90回になりました。

コロナ渦中で、どんな話題を選べばよいか、迷います。

脳天気に愉しい話題もどうかと思いますし、かといって暗い気持ちになる苦労話も。

というわけで、今週は、レトロなカルタの話になりました。

つづきを読む

レッスンとか書評とか。

このところの自粛要請を受けて、レッスンもお休みにしています。

が、質問などは受け付けることにしています。

昨日は、マリンバ弁護士の谷岡さんから録音が届き、zoomを使っての簡易レッスンとなりました。PCの内蔵マイクでは、音がよくないので、これが続くとなると、新たなマイクを入手しないといけませんね。

で、レッスンに来られたら受け渡しするはずだった、お手製月替わりお月謝袋のイラストを送ってくださいました。嬉しいです。

つづきを読む

祇園さんで。

今日の朝日新聞大阪本社版「私の逸点」のコーナーでルストホッファース(リコーダー:本村睦幸、リュート・テオルボ・バロックギター:櫻田亨、チェンバロ・オルガン・ミュゼット・打楽器:上尾直毅)のCD「オランダバロックの愉悦」を紹介しました。

つづきを読む

ものがなくなる。

いつも京都大丸か御旅所にある店で買っている、一保堂のいり番茶、お徳用袋。

両方とも店舗が閉まっているので自転車で本店まで買いにいきました。

400グラム972円。

今ある分がなくなったら、150グラム486円の小さな袋しかなくなる、とのこと。

「コロナの影響ですか」と尋ねると「はい」。

この状況が続くと、こうして、段々と色んなものがなくなっていくのだな、とちょっと恐ろしい気分になりました。

買い占めるほどではないですが、生活必需品。様子を見つつ、じわじわと買い置きしておいた方がいいのかなと思いますね。

さて、飲食店も休業に追いやられ、大変なことになっていますが、それでも皆さんテイクアウトなど工夫をこらし、頑張っておられます。

こちらは「喜幸」のお弁当。

これで、800円でございます。

つづきを読む