日記

通崎家コロナ感染記

とうとう通崎家にもCOVID-19がやってきてしまいました。

まずは、私の新型コロナ感染で、ご迷惑をおかけした方々に、お詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。またご心配くださった皆様ありがとうございました。

ようやく自宅療養の私と父の自宅療養期間が終了しますので、ここにことの顛末を記したいと思います。

先週、母が40度を超える発熱で意識朦朧となり、救急車要請、第一日赤に搬送していただきました。その前に、電話でいくつもの発熱外来をあたったのですが、どこにも受け入れてもらえず、私が目を離した隙にベッドから転落、動けなくなり、救急車をお願いしたのです。救急車内では、要請5つめの病院で受け入れ先が決まりました。

その時点で、すでに肺炎がおこっており、入院。酸素投与が必要なレベルでしたが、重症化の手前で助かりました。

ただ、時間差で、同室で過ごした父が陽性。介抱していた私も陽性。おまけに、母の発症前日我が家に立ち寄った姉まで感染。

外での振る舞いには気をつけていたつもりでしたが、家庭内感染についての危機管理が乏しかったといわざるを得ません。反省しています。救急車に同乗、日赤で母と共に隔離部屋(空気清浄はされていました)に入った時点で、いやな予感はしましたが、その時点ではすでに感染していたのかもしれません。

母の濃厚接触者となった2日後に、父と私は、仲良く38度。そんな中、父を診てくださる発熱外来をみつけるのが、2度目の山場でした。

母の時は、かかりつけ医にも、「在宅療養あんしん病院登録」している病院にも断られたので、そう簡単に見つからないとは思っていました。初診にもかかわらず快く受け入れてくださった鈴木内科医院さんには、心から感謝します。

貸してくださったタオルケットがCORONAだったのはご愛敬(笑)

つづきを読む

オペラと木琴。

木琴デイズvol.17が終わりました!

ご近所の常連さんに加え、関東方面、九州地方等からのお客さんも戻ってきてくださり、客席も賑やかで嬉しいことでした。

今回は、時間の関係で、終演後猛烈な勢いで舞台バラシ、撤収作業をしたので、

出演者みんなで写真を撮るのも忘れていました…

バラシ作業を手伝ってくださった皆さんに感謝!

つづきを読む

衣装も完成。

土曜日は、夜行バスで東京からやってきたデザインの千本木さんと、縫製の田中さんと朝9時から打ち合わせ。我々3人とも「双子座B型」。3人同じ場にいながら、勝手に好きなことをしゃべっている、みたいな個性的トリオですが(笑)いい感じに衣装が仕上がりました。

今回の衣装は、展覧会「布の向こう側」とセットで観ていただくと楽しいので、是非展覧会にも演奏会にも、お運びください!

http://someseiryu.net/topic_page.html

つづきを読む

谷本さんのチラシ。

わけあって、これまでの木琴デイズのチラシを並べてみました。壮観です!

すべて谷本さんのデザインですが、同じ調子のものが一つもない!

そして、実物より美人に書いてある、というところも素晴らしいです!(笑)

つづきを読む

布の向こう側

着々と準備が進んでおります。

つづきを読む

シフさまの演奏会

昨夜は、アンドラーシュ・シフさまの演奏会に行ってまいりました!

大好きなピアニストで、私は「シフさま」と呼んでいます!

19時に始まって、終演は22時過ぎ。

つづきを読む

おいしいものなど。

みたこともないようなモンブラン!をいただきました。

和栗の優しいお味は、最高でした。

つづきを読む

木琴何台持ってるの?

秋が深まったかと思ったら、夏が戻ってきて、本当に何を着たらいいかわかりません。

食べるものも、右往左往、という感じです。

つい最近、今シーズンはじめての、あんかけ。岡崎の相生で、「たぬきうどん」。

昨日は、久し振りに顔を合わせる女友達と3人で中華の芙蓉園へ。

つづきを読む

素敵なnuno

千本木晴デザイン+田中英美縫製のこちらの衣装(写真:井上嘉和)を始め、これまで作った衣装の多くは、「NUNO」の布を使って製作しています。

須藤玲子さんの「NUNO」には、本当に素敵な表情を見せる布がたくさんあり、東京に行った時には、六本木のショップにお邪魔するのが楽しみです。

そんな「NUNO」の展覧会が京都で開催中。

つづきを読む

ガラクタ市、賑わい戻る。

本日より、日経新聞夕刊「こころの玉手箱」(全5回、金曜日まで)の連載が始まりました。

友達何人かから「見たよ」と連絡をもらいましたが、みんな、林真理子さん、その下には、松坂慶子さん、と並んで載っていることに反応していました。

自分で「頭が高い!」と、つっこみそうになる紙面です(笑)

明日は、バッハ、じゃなくて、私にとっての「音楽の父」の話を書いています。

お読みいただければ、幸いです!

月刊『清流』という雑誌にも取り上げていただきました。

つづきを読む

最新著書『天使突抜おぼえ帖』発売中

最新著書『天使突抜おぼえ帖』好評発売中

通崎睦美 最新著書

『天使突抜おぼえ帖』

集英社インターナショナルより
好評発売中

Amazonで購入

木琴を楽しもう!通崎睦美のクリスマスコンサート 12/25日(日) 文化パルク城陽ふれあいホール
チケット発売中!
13:30開場 14:00開演

ニュースレター登録