日記

ブルータス!

今年最後の東京行き、でした。

富士山がきれいな日は車内放送が入ります。

2度と東京に行かないというわけでもないのに、読売新聞読書委員会2年任期終了。委員会に出席するのはこれで最後と思うと、寂しい気分になりました。

でも、いつもの「いづ重」いなり寿司は、しっかりいただきました(笑)

ご褒美、というわけでもないですが、今発売されている雑誌『ブルータス』に、

以前に書いた書評が転載されました!『仕事本』の書評です。

読売新聞からは、鈴木洋仁さんと仲野徹さん。

なんか、嬉しいな〜

それにしても、読売新聞読書委員の同期、鈴木洋仁さん(社会学者)、三中信宏さん(進化生物学者)と3人でいると、小学校の遠足バスの一番後ろの席に座って盛り上がっている楽しさがありました。

同期6人のうち、篠田英朗さん(国際政治学者)、山内志朗さん(倫理学者)、それから小説家の村田沙耶香さんとも、もう少しお話ししたかったけれど、今年はコロナの影響で懇親会もなく、残念でした。

と、読書委員会の事を語り出すと長くなるので、ひとまず、この辺で。

明後日の日曜日、最後の書評が出て、翌週「今年の3冊」「この一年」の一言コメント掲載で、終了です。

この時間、最後の校正、まだやりとりしています(笑)

ちょっと寂しい、丸の内のクリスマス。

 

 

ニュースレター登録

子どもクラシックの日 2021
豊中市立文化芸術センター 小ホール
3/20日(土) 12:30開場 13:00開演
入場料 全席自由 おとな800円 こども500円

[CD] 2020@Home
ピアニスト下村実紗子さんと通崎睦美の共演。
タワーレコード等で販売中!

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」
講談社より発売中!