日記

弘法市は、普段通り。

東寺には、立派な薬師如来さんがいらっしゃるからか?!

21日、普段通り、弘法市が行われていました。

さすがに、お店も人も少なめではありましたが。

かわいい、お馬さんを買いました。200円!

知らない業者さんの顔があったので「前から、ここにお店出しておられましたっけ?」と尋ねると、東京がダメなので、京都まで遠征してきた、とのこと。

みなさん、大変です。

いつもはお店がひしめき合っている手前の一角も、がら〜ん。

露天日和なのにね。

明治時代の瀬戸の小鉢も、買いました。

人手が少ないと、業者さんは場所代を払うのが大変なので、少しでも売り上げ伸ばさないと!ということで、お安くなります。

この角度からみても、かわいい。

大変な話題ばかりですが、このところ、私にとって嬉しかったこと。

1、この騒動の中開催された、アンドラシュ・シフのピアノリサイタルがとっても素晴らしかったこと。会場の人みんな、スタンディング・オーベーション。アンコールはなんと1時間も続きました。シフ様、お疲れさまでした。有り難うございました!

会場は、厳戒態勢といった感じで、まるで戦時中、空襲警報を避けて聴きに来たような気分になりましたが… 聴けてよかったです。

2、年末、読売新聞で紹介した書籍『パンティオロジー』の著者、秋山あいさんが、拙宅に遊びに来てくださったこと!秋山さんは、とても素敵な方だった!

3、掛け時計が壊れた。手軽でシンプルなものを探したら、やはり無印良品になりました。

3990円が、割引期間で、1990円だった!

いろいろありますが、頑張っていきましょう。

明日、読売新聞、書評でます!

ニュースレター登録

今、蘇る!木琴デイズ vol.13
「アマリリスのある風景」京都文化会館
5/27日(水) 昼14:00開演 / 夜19:00開演
前売3,500円 当日4,000円 全席自由
チケット発売中!

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」
講談社より発売中!