日記

ブルー、いろいろ。

最近「あっという間に」というフレーズをよく使うような気がしますが…

あっという間に、9月も下旬にさしかかり10月が見えてきました。

来週末は、徳島行き。

演奏、展示、トークと色々準備をしております。

10月1日、徳島市内のJ.S.バッハ文化センターにて、「阿波藍はなぜ生き残ったか」というテーマで、佐藤阿波藍製造所20代目藍師・佐藤好昭さんとの対談、続いて木琴の演奏をします。

阿波藍のみならず、化学染料のお話なども交えて「藍」をはじめとする「ブルー」にまつわるお話をしたいと思っています。当日は、銘仙着物コレクションの展示もあります!

上の手ぬぐいは、坂本大地さんの展覧会で入手したモノ。鰯、いいな〜

で、対談があるのは、15時の部。11時の部は90分間、一人でトークと演奏です!

徳島では、朝日新聞や、

その他、いろいろ

読売新聞などでもご紹介いただいているようです!

詳しくは、下記をご覧ください。こちらから、平岡養一がこの曲を聴いて木琴に目覚めたという「金春マーチ」のさわりの部分も聴くことができます。(編曲、ピアノは松園洋二)

https://www.jsb-musicart.com/post/10-1-阿波藍はなぜ生き残ったか-金春マーチにのせて-通崎睦美トーク&コンサート

前日は、阿南市の杜のホスピタルでのコンサート。こちらは、ほぼ満席になっているようです!

今日は、あと1時間ほどで、四国放送ラジオに出演します。

ラジオはたまに出演しますが、電話での生放送というのは初めてです。

銘仙着物の柄にもタイガースを思わせるモノがありますが、徳島って阪神タイガース圏内でしたっけ?(笑)

タイガースといえば、末富さんに、タイガースのお菓子が売っていた(笑)

と話がそれましたが、いろいろじわじわ、頑張ります!

通崎睦美 木琴リサイタル
木琴で愉しむオペラの世界
サントリーホール ブルーローズ
10/14日 (月祝) 13:30開場 / 14:00開演

羊をめぐる音楽会 VOL.Ⅳ
京都文化博物館 別館ホール
9/28日 (土) 16:30開場 / 17:00開演

楽曲を読む - 演奏家は問いかける
たちばな教養学校 Ukon 第三期授業
9月7日(土)14:00 - 15:30|QUESTION 7F

最新著書『天使突抜おぼえ帖』発売中

最新著書『天使突抜おぼえ帖』好評発売中

通崎睦美 最新著書

『天使突抜おぼえ帖』

集英社インターナショナルより
好評発売中

Amazonで購入

ニュースレター登録