日記

VIRONのパンとか。

読売新聞の読書委員は任期2年。

次回の委員会は本番と重なるので欠席、となると、月2回の東京通いも、残すところ3回となりました。12月は、もう翌年の選書が始まりますから。

いつも新幹線では、コンコースで買える「いづ重」のお寿司。

今回は、巻き寿司にしました。しいたけが美味しい。

このところ、新型コロナ感染拡大防止の措置として会議でお弁当が出なかったのですが、今回から復活。だまって、食べること!

いつも決まって、今半のお弁当です(笑)

帰りに東京駅近くのVironでよい香りのパンを買って帰るのも、もうあと3回かあ、とまだ日があるのに、すでに読書委員会ロスの状態です(笑)

近くのコンビニで見つけてはまっている、これも、2袋買ってしまいました(笑)

普段、あまり添加物の入ったものは食べないようにしているのですが…

はまる、とはこういうことですね(笑)

さて、今日帰ってからは、27日に着る衣装の仮縫い。

今回も、担当は、京都芸大院生の千本木晴さん。

若い子が、ぐんぐん育っていくのを近くで見せてもらうのは、とても楽しいです。

指摘したいくつかの点。

「ここに来る前に、先生にも同じ事言われました!」と(笑)

完成が見えてきたので、もう一回! 次の仮縫いが楽しみです。

さて、今日の産経新聞夕刊には、コンサートで共演する永田参男さんを御紹介。

コンサートの告知もさせてもらいました。

ギター教室に行ってみようと思っておられる方。

おうちに楽器がなければ、まずは購入して!ではなく、まず先生に相談するところからはじめましょう!

結局買い直す方が、少なからずおられるようです。

800字では、書き切れませんでしたが…

永田ギター教室、素敵です!

ニュースレター登録

今、甦る!木琴デイズ vol.13「アマリリスのある風景」
10/27日(火) 第1回 [A] 12:40開場 13:00開演
第2回 [B] 14:40開場 15:00開演
第3回 [A] 16:40開場 17:00開演
第4回 [B] 18:40開場 19:00開演

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」
講談社より発売中!