日記

食べることと出すこと。

本日、読売新聞朝刊読書欄では、頭木弘樹著『食べることと出すこと』(医学書院)を紹介しました。

安倍首相の辞任理由になったことで、図らずも病名が有名になりましたが、書評を書くことを決めたのは、辞任発表前でした(笑)

病気を知る、ということを超えて得るものがある本なので、お薦めです。

この本を読むと、カフカを読みたくなるでしょう、と予告しておきます。

さて、このところ美術館・博物館に行く日常もそろりそろりと戻ってきました。

ちょうど会期が終わったところですが、京都国立博物館の「聖地をたずねて〜西国三十三所の信仰と至宝」も素晴らしかったし、久し振りの六本木。

サントリー美術館のリニューアルオープン記念展もよかった。

こちらは、桃山から江戸初期の屏風。

現代美術とのバランスもよい感じでした。

なんとなく、世の中ざわざわしたまま、また新しい週が動き出します。そろそろ練習強化でがんばろ。

あっ、近所の名物お好み焼き屋さんが閉店で、寂しいです。

 

 

ニュースレター登録

今、甦る!木琴デイズ vol.13「アマリリスのある風景」
9/27日(火) 第1回 [A] 12:40開場 13:00開演
第2回 [B] 14:40開場 15:00開演
第3回 [A] 16:40開場 17:00開演
第4回 [B] 18:40開場 19:00開演

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」
講談社より発売中!