日記

連休ですが。

今日の読売新聞の書評欄では、読書委員総出で<別世界にひとっ飛び「夏休み」を取り戻す本>を紹介しています。

私は、児童文学の名著『星の牧場』(理論社)を取り上げました。

少し「フツウ」からはずれた人を、温かく静かに包み込む。

大人も子どもも、こんな時代にこそ読んでもらいたい本です。

挿絵も素敵。

いろんな楽器がわやわや出てくるオーケストラ。

いろんな植物。

版元、まさかの品切れですが、図書館や古書店でどうぞ!

連休ですが、街は静かです。

芙蓉園で冷たい担々麺を。休みの日など、列ができていることもあるお店ですが、列ナシ。

もう「残暑見舞い」のシーズンですね。

ザクロを見つけました。早い!

 

ニュースレター登録

今、甦る!木琴デイズ vol.13「アマリリスのある風景」
9/27日(火) 第1回 [A] 12:40開場 13:00開演
第2回 [B] 14:40開場 15:00開演
第3回 [A] 16:40開場 17:00開演
第4回 [B] 18:40開場 19:00開演

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」
講談社より発売中!