日記

文化博物館、席数検証 その2

昨日、前後左右2メートルの距離をとると、席数は40席程度。常識的な距離を保って並べると80席程度。これが妥当なところかと落ち着きましたが、その後、新展開。

京都文化博物館別館ホールは、「消防法」上、ホールではなく展示室として登録されています。どこがちがうか。それは「非常灯」の設置が義務づけられていない!

その関係で、距離を保って椅子を設置することができません!椅子を連結せねばならない!!

が〜ん。

しかし、規則に則り、この様に連結して設置し席を2つづつあけて座ればいいわけです!

それはそれで、へんな距離感…

という気はしますが、写真の配置で66名座れます。もう少し横まで増やせば定員70席というところでしょうか。

「別にくっつけなくてもいいやん」と言いたいところではありますが、そこに労力を使うよりは、出来ることを考えて前に進めたいと思います。

文博の高桑さんが、図面をくださいました。

こちらのPDFファイルをご覧ください。

別館平面図コロナ対策バージョン0519

諸々確定するまでに、まだ「あっ!」ということがあるかもしれませんが、その都度修正しながら進めたいと思います。

今日は、八百一に買い物に行こうと思ったら、南の角で、パンダさんがお弁当を売ってました。

暑い中、パンダさんの熱中症が心配です。

母が好きなそうな卵のお弁当があったので、一つ購入。

みんな頑張ってますね!