日記

取材2つ

久し振りに着物の取材を受けました。『芸術新潮』5月号、明日発売です。

この10年ほど着物から遠ざかっているので、取材を遠慮することが多いのですが、今回はこれまでの着物とのつきあいやコレクションのことなど、とおっしゃっていただき、お引き受けすることになりました。

20年前なら撮影時でも、自分でテキトーに着ていましたが、この年になるとざっくりテキトーに、というわけにもいかず。ヘアメイクの犀川さんと、着付けの山﨑さんのお世話になりました!

そんな話は、今週の産経新聞コラムに書いています。

https://www.sankei.com/west/news/200423/wst2004230006-n1.html

さて、取材と言えば、昨日、webでの取材を受けました。

電話取材、というのはあるけれど、お互い顔を見ながらというのは、初めて。

8月26日、王子ホールの公演に関連して、ホールの冊子『OJI HALL Notes 楓』のインタビューです。

王子ホールの白井淳太さんと話が盛り上がり、気がついたら1時間を越えていました。

はい、こんな感じで楽しかったです。

こちらは、王子ホールのTwitter。

白井さんも玄米派とうかがい、食の話でも盛り上がりました。

はい、昨日も玄米+黒米+小さな黒豆のご飯で、麻婆丼を作りましたよ。

そういえば、最近よく色々作っています。

小豆を炊いたり。

で、朝からあんパン(笑)

と、話が飛びましたが、早く新型コロナが終息し、予定通りの活動が行えますようにと祈るばかりです。