日記

清水飛び降り。

久し振りに、清水の舞台から飛び降りるつもりで、古本を買いました。

これが、読みたかったのではありません….

それにしても、挿絵がどれも凝っています。

昭和24年の雑誌なので、この頃のこの手のお話の主人公は「戦争未亡人」ですね。

で、私がどうしても入手したかったのは、この記事が載っていたからです!

後年、自身でいろいろ語っておられますが、やはり人間の記憶は薄れていくもの。

本人が語るタイプの資料は、その年代に近いほど、正しい確率が高い、と思います。

昭和5年、単独でアメリカに渡り受験した、NBCのオーディションで演奏した曲まで!知りたかったことを、いろいろと知ることができました!

それにしても、平岡さんは、イラストもお上手です。

で、良きタイミングで、木琴研究会が開催されました。

参加者は、関西公演中、帯広在住の野田美佳さん、東京から飯野晶子さん。

今回の研究テーマは、私が千葉から持ち帰った、「ヤマヒロ木琴」。

50年以上前、新潟で作られたものですが、千葉でこの夏の台風の難を逃れ、うちにやってきました。

これについては、いずれ詳しく書きます!

組み立てから一緒に手伝っていただきました。

いろいろな発見に興奮していただきました(笑)

朝から、みかちゃんと修ちゃんのレッスンだったので、お昼ごはん作る暇なく、自分の食べたかった、いづ重さんの押し寿司を。秋らしいですね。

いづ重さんのご主人に「九楊さん、書評、えらい喜んだはりましたよ」と言われ、びっくり!

久し振りに、メチャクチャ嬉しい!!!と思ったのでした。

書の石川九楊さんは、祇園のだんな衆向けにも、お教室をもっておられるそうで、いづ重さんも、お弟子さんの一人。

書評は、こちらからもお読みいただけます。

https://www.bookbang.jp/review/article/592837

うん、お品書きもさすがやな。

いやはや、京都は奥が深い!

今日も、がんばりましょう!

ニュースレター登録

今、甦る!木琴デイズ 番外編 室内楽の愉しみ
7/31日(金) 第1回 [A] 12:40開場 13:00開演
第2回 [B] 14:40開場 15:00開演
第3回 [A] 16:40開場 17:00開演
第4回 [B] 18:40開場 19:00開演

過ぎ行く夏を楽しむサマーフェスタ
銀座王子ホール
8/26日(水) 昼13:00開演 13:30開演

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」
講談社より発売中!