日記

30年前の超絶技巧!

かつて委嘱初演した作品が、次々と出版されています。

昨年アメリカの出版社、C.ALAN PUBLICATIONSから出た2冊を、作曲者である西邑由記子さんから、いただきました!

右の楽譜は、5オクターヴの楽器でソロをするというのがまだ珍しかった時代、たしか1992年に初演した曲です。え〜、30年以上前!

吉岡孝悦さんの「マリンバのための組曲第3番」も同じ演奏会で委嘱初演したのでした。こちらも全音から出版されています。

当時は、こんな楽譜、半泣きでさらいました(笑)

フィギュアスケートでいえば、3回転から3回転半に進化する途上、みたいな感じでしょうか。今は、もう4回転がフツウの時代です。

西邑さんによる私の紹介。

Japanese xylophonist, Mutsumi Tsuuzaki, a farmer marimbist. いいですね〜

当時、西邑さんはマンハッタン音楽院の学生で、楽譜は、カタカタとFaxで送られてきたのでした。ああ、懐かしい!

今は、2本バチでシンプルな曲を演奏するのが自身のスタイルですが、ここに至るまでにはいろいろあったわけです。こうして、当時の楽譜が出版されて、私もすごく嬉しいです。

30年前は「え〜〜〜っ!」という感じの「超絶技巧」的な譜面でしたが、今の時代においては、多くの人が「かっこいい〜!」と演奏してくれることでしょう。

是非是非、多くの人に弾いてもらい、流行らせて欲しいです!(笑)

楽譜は日本でも入手可能です。

上の写真左の譜面は、京都コンサートホールができた年に初演したのではないでしょうか。これも30年近く前ですね。

マリンバとピアノ版もあり、かつての演奏がこちらにアップされています。懐かしい!

西邑さんの曲は、ほんとにかっこいい!ので、興味のある方はいろいろ検索して楽譜を入手してみてください。

羊をめぐる音楽会 VOL.Ⅳ
京都文化博物館 別館ホール
9/28日 (土) 16:30開場 / 17:00開演

楽曲を読む - 演奏家は問いかける
たちばな教養学校 Ukon 第三期授業
9月7日(土)14:00 - 15:30|QUESTION 7F

通崎睦美コンサート 今、甦る!木琴デイズ vol.20
「古今東西 木琴傑作集」
5月31日(金)14:00開演 / 18:30開演
京都文化博物館 別館ホール

最新著書『天使突抜おぼえ帖』発売中

最新著書『天使突抜おぼえ帖』好評発売中

通崎睦美 最新著書

『天使突抜おぼえ帖』

集英社インターナショナルより
好評発売中

Amazonで購入

ニュースレター登録