日記

終わりました、祇園祭と木琴デイズこども編。

四条大橋の一つ南、団栗橋で美しい風景を見ました。

24日、還幸祭の神輿渡御が執り行われ、洛中へお出ましになった神さまが八坂神社に戻られるところです。

よーく見ると、四条大橋の上は、こんな様子です。(下は、四条通りで撮った写真)

新型コロナ感染拡大の影響を受け、2年間山鉾巡行が見送られたのは残念なことでしたが、そのおかげで多くの人が、祇園祭本来の姿を知ることになったともいえます。

こちら、2019年に出版された澤木政輝さんのご著書は、祇園祭を知る、よき<教科書>となりました。

そうそう、昼間は、後祭りの巡行にも出会ったのでした。

祇園祭も終わりました(正確には、31日まで)が、23日「こどものための木琴デイズ」も無事に終わりました!

11時の部と14時の部、ほぼ同数のお客さま。

3割が「おとな一人」、6割が「親子連れ」、1割が「応援隊」というような比率だったでしょうか。すなわち、こどもが3割程度、ですね。

「1時間聴ける子なら未就学児もOK」としたところ、3,4歳のお子さんもちょこちょこ見受けられました。最後まで聴けるかなと心配しましたが、こちらが感動するくらい、みなさん集中して聴いてくれて、嬉しいことでした。

コンサートでは、演奏は「いつも通り」。トークは、子どもにもわかりやすいような言葉を使うよう心がけました。

例えば、貴志康一「かごかき」。籠という乗り物を知らない子がいるでしょう。籠の「運転手」を「かごかき」って言うんだよ、と説明しても「はぁ?」かも。

前日の夜、急にそう思い、黄瀬さんにお願いして、簡易の「籠」を作ってもらい、スタッフ2名に「かごかき」になって出てきてもらいました。不覚にも写真を取り損ねましたが、端材を組み合わせて10分で製作してくださったいう立派な「籠」の登場に、子ども達はとても喜んでくれました!黄瀬さんに感謝!

アンケートもみなさん熱心に書いてくださり、これにも感激でした。

コンサートの途中には「質問コーナー」も。

「好きな食べ物は何ですか?」「好きな動物は何ですか?」等々、かわいらしい質問が飛び出しました。

このアンケート。

「木琴のどんな音が好きですか」という質問に、私が「元気な音もいいけど、優しいきれいな音が好き」と言ったからですね。嬉しいな。

アンケートには、30年ほど前幼稚園で私のマリンバを聴いたことがあるという35歳の女性のものがありました。今回、新聞でみつけて足を運んでくださったそうです。改めて、一つ一つのコンサートを大切にしていかないと!と思った次第です。

午前9時に搬入して、楽器を組んで会場を整え、リハーサルをして10時半に開場するのは、かなりのバタバタでしたが、マリンバの生徒さんにも「スタッフ・デビュー」してもらい、みなさんに助けていただき無事オープンできました。

「どんな動物が好きですか」の質問に「ねこ」と答えた松園さんのピアノも大好評でした。

なんとか継続できるかな。より充実したコンサートになるよう次回に向けて考えていきたいと思います。

そうそう、同業者がこども連れで来てくれたのも、嬉しかった!というか、緊張するけどね(笑)

以上、右のお嬢ちゃんのおばちゃんと同い年のツウザキでした(笑)

 

最新著書『天使突抜おぼえ帖』発売中

最新著書『天使突抜おぼえ帖』好評発売中

通崎睦美 最新著書

『天使突抜おぼえ帖』

集英社インターナショナルより
好評発売中

Amazonで購入

通崎睦美木琴リサイタル
弦楽四重奏団クァルテット・エクセルシオと共に
御殿場市民会館大ホール 9月4日(日)
13:30開場 14:00開演
チケット発売中!

ニュースレター登録