日記

朝顔観察の思い出。

今回の本は、384ページとなかなか分厚いのですが、ボツになった原稿が結構たくさんあります。

その一つ。

小学校1年生の時のできごと。

「朝顔の観察日記」の思い出です。

この度、自分の子どもの頃のことを書くのに色々と資料を探していたら、朝顔の観察日記が出てきました。

自分で書いた、観察日記。

こんなかわいい絵(笑)

なかなか、味があります。

しか〜〜〜〜し!

出来がよかったとかで、何かのコンテストに出品するため、先生に書き直しを命じられたのです。

先生に従うと、こんな優等生的な絵に。

型にはめる、とはこういうことだ!と思いました。

しか〜〜〜も!

先生が拙宅にまで来てくださり、熱心な指導。

時間が遅くなり、母が夕食を出すと、うちで用意した夕食にもかかわらず、先生から「残さず食べなさい」と言われ、子どもながらに「それっておかしくない?!」と思いました。ちなみに、私が残したのは、ホワイトアスパラでした(笑)

という、うらみを書き過ぎてボツになりました(笑)

でも、幼稚園の頃はこんなにのびのび描いていたのにな〜と思います。

今回、候補になって使われなかった写真もあります。

2歳のムツミです。

「本、買ってね」と言っているようです(笑)

25日から27日まで、大垣書店本店でパネル展があります。

是非、お出かけください。

ニュースレター登録

通崎睦美の木琴日和 5/28(土)清瀬けやきホール 大ホール(ピアノ 松園洋二)
3月15日チケット発売開始
13:30開場 14:00開演