日記

ピッコロシアター文化セミナー

来週末、ピッコロシアターでの講演にむけて、頭の中の整理をしています。

「1935をめぐって」というタイトルで、昭和の初めのいろいろを中心にお話しますが、せっかくですから、見て、聴いて楽しい講演になればと考えています。

来場者の中には、着物を期待してくださる方もあるでしょう。せっかくなら、着物も見ていただきましょうか。銘仙の着物なら、甲子園球場も近いことですし、こんな柄がいいでしょうか。今年の阪神タイガースは微妙な感じではありますが….

で、あくまでも講演なのですが、やはり演奏も…

ということで、せっかくなので、この小さなXylorimbaを持っていくことにしました!

ソロでも弾けるのですが、せっかくなので!ということで、ピアノ伴奏をお願いしました。つい「せっかくなので!」と思ってしまうところが自分の特徴かと思っています(笑)

ピアノは京都生まれ、西陣にお住まいのピアニスト・下村実紗子さんにお願いしてみました。実は、初共演。SNSを通じてご活躍されている様子を拝見していたことに加え、以前、着物を着て聴きにきてくださったことがあるので、モデルもお願いできるな、と!(笑)

90分で盛りだくさん!楽しんでいただけるように考えております。

10月20日(土)15時開演 ピッコロシアター大ホール(JR・阪急「塚口」駅徒歩圏内)

無料申込み制。

先着400名、まだもう少しはいけます、とのことですので、ご興味を持ってくださった方は、是非お出かけください。下記からも申込み可能です。

http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/event/detail/?id=232