日記

木琴デイズや美味しいものや新聞やテレビなど。

「今、甦る!木琴デイズ」vol.12の練習が始まっています。

今回のゲストは、マンドリン・柴田高明さん、ギター・永田参男さん、チェロ・佐藤響さん。気がつけば、初の全員年下男性、ということになっております(笑)

お昼は、ちょっと手抜きで。

まるき製パン所のパンを山盛り。

どこかお行儀のよい、お三方であります。

http://www.otonowa.co.jp/schedule/tsuuzaki

プログラムは、バッハやハイドンから、宵待草、久保田早紀「異邦人」まで。

今回のために野田雅巳さんにアレンジしていただいた、林光「グランド電柱」が、とても素敵なので、是非聴いていただきたいです!

昼の部の残席が少なくなってまいりました。ご予定してくださっている方はチケット入手、お早めに、よろしくお願いいたします。

このところ、ブログの更新が遅めですが、特に変わりはありません!

この秋は、神戸新聞夕刊にもエッセイを書いているので、ちょっと気ぜわしいというのがあるでしょうか。

最新は、こんな感じ。(神戸新聞2019年10月25日)

考えてみれば、原稿を書くのが忙しい、ということではなく、靴を修理に持って行ったり取りに行ったりの雑用が、意外と忙しい、ということであります(笑)

ああ、この間テレビにも出ていました。

BSテレ東の「音楽交差点」(司会:春風亭小朝さん)

毎回いろんなゲストと共演される、ヴァイオリニスト・大谷康子さんのパワーと柔軟性に驚かされました!

ああ、5日前になりますが、日経新聞にも紹介していただいてました!

https://style.nikkei.com/article/DGXKZO51482240Y9A021C1BE0P00

世界を舞台に活躍されている方々と並べていただき、光栄です。

日経といえば、10月11日付けでは、こんなところにも掲載されていたのでした!

この欄は、よく読まれているようで、朝からたくさんのメールやメッセージをいただきました。

近所のワインバー「りゅうちゃん」で、食べた「カレー風味のマッシュポテトを巻いたサンマロール」なる料理。タイトルの印象と実物が違ってびっくりした!とか。

「実伶」の栗のアイスが美味しかったとか。

また、たわいもないことも書きますが….

まずは、木琴と、マンドリン、ギター、チェロのアンサンブル。よい感じで仕上がってきましたので、13日の京都文化博物館、是非お出かけください、ということで、よろしくお願いいたします!