日記

大正ロマンの楽譜

演奏会は日時によって行けるか行けないかはっきりしますが、展覧会はいつか行こうと思っている間に、うっかり終わってしまうことがあります。

民音音楽博物館西日本館での「セノオ楽譜〜竹久夢二とその時代の音楽」は、昨年から3期にわけて開催中。

ようやく先日、観に行くことができました。

なかなかよかったので、昨日の産経新聞にそのお話しを書きました。

ご興味のある方は是非。

web版では、他にも写真が出ていますので、よろしければご覧ください。

https://www.sankei.com/west/news/190815/wst1908150001-n1.html

このコラムで、今年は「宵待草」の100周年。私も11月のコンサートで演奏しますのでこちらも是非!と宣伝したい気分でしたが、さすがにそこまでは書けませんでした(笑)

この間の日曜日、読売新聞では、夏休みの一冊ということで、清野恵里子さんの市川雷蔵本を紹介しています。

市川雷蔵は没後50年となります。映画祭やテレビで市川雷蔵特集もあるので、是非合わせてどうぞ!

お盆は通常営業、という感じです。

お墓詣りも、母は足が悪く、父は心臓が悪くて行くことができず、この景色を一人で見ることが多くなりました。

今年は、親戚一番のりだったようで、墓石がっつり磨きました(笑)

台風は通り過ぎているようですが、京都はこの時間になって、雨風がひどいです。

大きな被害がないようにと祈ります。