日記

昔のプログラム、宅孝二、井口基成…

古書店やオークションを利用して、平岡養一の古い資料を集める中で「もれなく付いてきた!」ものの中に、面白いものがあります。

例えば、昭和9年、宅孝二のピアノリサイタルのプログラム。

Exif_JPEG_PICTURE

ヒラオカのコンサートを見ていても思うのですが、当時のリサイタルは、オーケストラ伴奏が多かったようです。

これは、モーツァルトのコンチェルトを弾いて、次にオーケストラだけでラヴェル「死せる王女のための孔雀の舞」。孔雀の舞い?! 現在は「亡き王女のためのパヴァーヌ」と訳されていますね(笑)そして、オケとフォーレ「バラード」リスト「ハンガリア幻想曲」と続きます。

彩り鮮やか、宅孝二さんオトコマエ、「ヱビスビール」の広告もいいですね(笑)入場料一〜三円です。

それから、ピアニスト井口基成さんのプログラムも。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらはちょっと渋めですが、漢字の字体がステキ。

エラールのピアノが使われているようです。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらは、戦後ですが、よく見るとピアノが高木東六さんですね。

Exif_JPEG_PICTURE

『木琴デイズ』には、章扉以外写真を入れていないので、いずれ、このような楽しい写真満載の本を出してみたいですね。

ニュースレター登録

今、蘇る!木琴デイズ vol.12
京都文化博物館 別館ホール
11/13日(水) 昼14:00開演 / 夜 19:00開演
入場料 前売り 3,500円(一般)1,500円(学生)
当日 4,000円(一般)2,000円(学生)
チケット発売中!

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」
講談社より発売中!

閉じる

開催予定のコンサート

2019年11月13日(水)

今、甦る! 木琴デイズ vol.12 ~アンコールⅡ~

京都文化博物館 別館ホール / 昼公演 14:00 / 夜公演 19:00

チケットの購入はこちら

tel.075-252-8255 otonowa

開催予定のコンサート情報