日記

試演会2024

先々週末になりますが、年に一度、生徒さん達の発表の場である「試演会」が終わりました。

例年は、お客さんと出演者に最初から最後まで真剣に聴いてもらうということを目的に、皆の投票による「聴衆賞」(第1位から第5位)を決めていますが、今回はプロの人たちが仕事とかぶったりで、出演者少なめだったこともあり、投票の緊張感がなくても、最後まで聴ける!ということで、投票はナシとしました。

その代わり、いつもより各賞が賑やかになりました。

まず恒例「お母さん賞」。うちの母が頑張った人全員に渡す賞です。

私ももらいました(笑)

このところ、毎年名古屋から聴きにきてくださるマリンバ奏者・水野みどりさん(日本マリンバ協会東海支部長)の「水野みどり賞」は、弁護士谷岡さん(マリンバ)と裁判官中川さん(ピアノ)のデュオに。水野さんのブログでもご紹介いただきました。

https://ameblo.jp/marimba0724/entry-12837626963.html

今回、初めて聴きに来てくださった、チェンバロ奏者・井幡万友美さんの「井幡万友美賞」は、チェンバロのレパートリーでもあるバロック作品を弾いた三好るりさんに。

井幡さんのブログでもご紹介いただきました。

http://blog.livedoor.jp/mayumimi1208/archives/1876356.html

出演者でもある小松りみさんのご主人(京芸ヴァイオリン卒)の「ふーちゃん賞」は、後期高齢者にさしかかる同年代として「ドナウ河のさざなみ」を立派に演奏された冨田敬子さん。

受賞者は一人のはずでしたが、あまりによい演奏が多かったため(笑)小松さんは、自分のために買ってきたチョコレイトを賞品に、もう一人。

平安高校女子柔道部でがんばっている、黒帯の服部真由!

体重制限はあるけれど、このチョコレイトは大丈夫だそうです(笑)

出演者の中で最高齢の北川さん(元京都市交響楽団打楽器奏者)の「北川賞」は、変化球。

どんな演奏にも音楽的に見事に合わせてくださった、伴奏の土居知子さん!

土居知子さん、ありがとうございました!

その土居知子さんによるドイトモ賞は、裁判官の中川綾子さんが選ばれました!

マリンバ歴10年以下限定の「野田雅巳賞」は、初出演のカメラマン&農業女子・猪元玲奈さんに。

猪元さんは、今回受験のためにお休みだった「修ちゃん賞」も受賞しました。

修ちゃんに身長も体重も抜かされました。幼稚園児だった頃が懐かしい!

前日、大好きな水族館にいって、賞品を選んで来てくれたそうです。

修ちゃん、ありがとうね!

賞は、演奏の出来・不出来(不出来はありませんでしたが)とは関係ないもの。賞には選ばれなかったけれど、いい演奏をした出演者もいらっしゃいました。

プロの人たちは、よほど突き抜けた魅力がないと選ばれないので、若い人たち、次回は突き抜けてみんなをうならせてもらいたいものです(笑)

先日西本願寺で、なんとなく可笑しい?!文言をみつけました。

仏さんに対して、上から目線じゃない(笑)

私は、生徒さん達を光り輝かす、というのはちょっとおおげさですけれど、普段の生活の中で活き活きと音楽に接してもらえるよう指導することを誓いたいと思います!(仏さんと張り合っているわけではありません・笑)

さて、隣の家が解体前の清掃で、なんとなくザワザワしています。

家を出ると、懐かしい看板が処分されるところでした。

そう、先々代は教科書を販売しておられました。

先週は、父が高熱で死ぬか?!と思ったりびっくり事件もありましたが、見事復活。

私は、春の演奏会準備でバタバタしつつも、小豆を煮たり、心の平安を保っております(笑)

ではでは。

通崎睦美 木琴リサイタル
木琴で愉しむオペラの世界
サントリーホール ブルーローズ
10/14日 (月祝) 13:30開場 / 14:00開演

羊をめぐる音楽会 VOL.Ⅳ
京都文化博物館 別館ホール
9/28日 (土) 16:30開場 / 17:00開演

楽曲を読む - 演奏家は問いかける
たちばな教養学校 Ukon 第三期授業
9月7日(土)14:00 - 15:30|QUESTION 7F

最新著書『天使突抜おぼえ帖』発売中

最新著書『天使突抜おぼえ帖』好評発売中

通崎睦美 最新著書

『天使突抜おぼえ帖』

集英社インターナショナルより
好評発売中

Amazonで購入

ニュースレター登録