日記

早いもので。

手帳を見てあらためて数えると、読売新聞の書評も今日で5つめになります。

今回は、こちら。四元康祐『前立腺歌日記』(講談社)です。

書評は、読売新聞のサイトからお読みいただけます。

https://www.yomiuri.co.jp/culture/book/review/20190223-OYT8T50194/

どんな言葉を選べば、この本の面白さを伝えられるか。

悩みに悩んで

「おちんちん」にしました(笑)

金曜日の産経コラムには、ハンガリーを代表するツィンバロン奏者、ヘレンチャール・ヴィクトリアさんとご一緒したお話しを。会場は、吉田山荘。国の登録有形文化財なので、傷をつけないよう、搬入には気を遣いました。

https://www.sankei.com/west/news/190223/wst1902230004-n1.html

産経の「通崎好みつれづれ」は、早いもので、これで61回目。

あっという間に日が過ぎていきます。

初夏のコンサートの告知が遅くなっておりますが、近いうちに!

今、蘇る!木琴デイズ vol.11
京都文化博物館 別館ホール
5/31日(金) 昼14:00開演 / 夜 19:00開演
入場料 前売り 3,500円(一般)1,500円(学生)
当日 4,000円(一般)2,000円(学生)

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」
講談社より発売中!