日記

「吉田謙吉と12坪の家」本と展覧会

読んで知っているけれど、これまで使う機会のなかった言葉ってあります。

師事でも私淑でもなく、えっとえっとえっと、親炙!

先週末の読売新聞書評で始めて使いました(笑)

来週は1週お休みで、今次週分を書いております!

書評は、新潮社の書評サイト、ブックバンからお読みいただけます。少し時差がありますが、検索してみてください。読売新聞web版は有料になりましたが、書評欄のみは無料で読めるそうです。

https://www.bookbang.jp/?s=通崎睦美

さて、今回書いた本『吉田謙吉と12坪の家〜劇的空間の秘密』(LIXIL出版)は、現在開催中の展覧会関連書籍です。

http://www.livingculture.lixil/topics/gallery/g-1812/

この本は、こんなお引っ越し案内ハガキがついているんですよ。

で、展覧会では、その版下が見られます。

こじんまりした展示ですが、ご興味ある方は是非。

で、こちらにいらっしゃった警備員の近藤潔さん。

とっても素敵な方だったので、思わず取材させていただきコラムに書きました。

https://www.sankei.com/west/news/190209/wst1902090003-n1.html

セットでお楽しみいただけると嬉しいです!

いろいろやることがありますが、食べることも

飲むことも

怠りません(笑)

最近食べて美味しかったもの「雲子のムニエル」。

フランスのビールも可愛くてよかった!

今、蘇る!木琴デイズ vol.11
京都文化博物館 別館ホール
5/31日(金) 昼14:00開演 / 夜 19:00開演
入場料 前売り 3,500円(一般)1,500円(学生)
当日 4,000円(一般)2,000円(学生)

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」
講談社より発売中!