日記

アメリカ滞在記その5

4月8日、朝起きて外を見たら雪景色。

マイナス気温にも慣れました。

この日は、Oswegoから1時間ほど、シラキュースという街の教会でコンサート。

空港や巨大ショッピングモールのある、Oswegoより少し大きな街です。

今回もビルに楽器運搬を手伝ってもらいました。彼は、打楽器奏者なので、試し弾きもしてもらえます!

会場には、木琴を習い始めたばかりだという小学生くらいの男の子が。

大きくなって、もし木琴奏者になったら、この木琴を譲ってあげたいです!

終演後、お世話くださったオルガンビルダーのベンさん、奥さまであるSUNY Oswegoのコミュニケーション、メディア&アーツ学部長ジュリーさんと美保子先生、そして嬉しそうな私(笑)

片付けてから、アメリカンビーフを食べに!

初めての銘柄のビールと、ビル(笑)

お肉は、いろいろ味がついたサンドウィッチより、焼いただけ、という方がかえって食べやすいですね。

美保子先生とシェア。

翌日は、SUNY Oswegoでマスタークラス。

「どうして、このマレットを選んだの?」「先生がコレと言ったから」

ハハハ。どこの学生さんもよく似た感じですね(笑)

少しのアドヴァイスで、ぐんとよくなり嬉しい限り。

前日のコンサートを聴いてくださったトム先生からいただいた、以下のリクエストにそってもお話させていただきました。5つめの質問が可笑しい。私の、間奏の間の視線の持って行き方などが気になられたそうです。特に振付などはしていません(笑)

Rolling technique
the performance of octaves (technique)
the importance of different mallet uses
music memorization technique
performance persona – how to make the visual performance connect to the audience.

お昼ごはんは、またビルと。

連日、楽器運搬を手伝っていただき、記録撮影まで(笑)

それにしても、食べるなあ、ワタシ。

木琴奏者通崎睦美さんに聞く「1935をめぐって」
尼崎市 ピッコロシアター大ホール
10/20日(土) 14:30開場 /15:00開演
全席自由 入場無料(要応募)

静岡交響楽団 第83回定期演奏会
静岡市清水文化会館マリナート大ホール
10/27日(土) 13:00開場 /14:00開演
A席4,500円 B席3,500円 学生1,500円 発売中!

今、甦る!木琴デイズ vol.10「木琴博覧会へようこそ」
京都文化博物館 別館ホール 11/13日 (火)
昼公演 13:30開場 /14:00開演
夜公演 18:30開場 /19:00開演 全席自由 発売中!

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」
講談社より発売中!