日記

ローズウッドいろいろ

11月23日(木・祝)18時より 京都府立府民ホールアルティにて、「ローズウッドいろいろ〜鍵盤打楽器の調べ」と題した母校・京都市立芸術大学主催のコンサートに出演します。

「プロフェッサーコンサート」というのは、京芸の教授陣が企画されるシリーズだそうです。今回出演者は、全員卒業生ということになります。

先生をのぞくと自分が一番年上で愕然としますが…

私一人「マリンバ」ではなく「木琴」なので、せっかくの機会、楽器の良さを伝えることができればと思っています。

山本毅先生が司会進行、もちろん演奏もされます。

最初のパートには、「400年前からマリンバがあったらなあ….」というタイトルがついていますが、木琴は500年前からあったのでとアピール!そんなお話も交えての演奏になりそうです。

入場料は、500円?!です(笑)盛りだくさんのプログラムで、楽しんでいただけると思います。お時間許せば是非お出かけください。

お問い合わせは京都芸大連携推進課 事業推進担当 075-334-2204まで

さて、このチラシは、京都芸大の美術学部でデザインされているそうです。

全体のイメージはかわいらしくよくできていると思いますが、表と裏で情報がかぶりすぎだ、とか、私が指導教官なら言いたいこともありますが、それは、またの機会に。

あっ、この発言は苦情ではなく、あくまでも母校愛です!

デザインといえば、先日いただいたエシレのガレットとサブレのデザインが、シンプルでとても素敵でした。

エシレバターを100%使って作られたものです。

http://www.kataoka.com/echire/

「缶も残しておこう!」という気分になりました。